高齢者住宅って?

有料老人ホームとの違いは?

有料老人ホームとの違い
ページトップへ戻る

高齢者住宅・施設の説明

介護付き有料老人ホーム


介護保険法の「特定施設」に該当するもので、要介護度に応じた毎月一定金額で包括ケアを受けることが出来る。24時間体制で介護が提供されるので、重度の認知症になっても対応可能な施設が多い。中には、高額な入居一時金が必要な施設もあり。

住宅型有料老人ホーム


比較的元気な方向けで、「住居」としての老人ホーム。介護職員を施設内に配置せず、介護サービスを受けるには別途契約をすることが前提となる。サ高住とも似ているが、入居一時金が必要となる場合がある点が異なる。

サービス付き高齢者向け住宅


2011年からスタートした新しいタイプの高齢者住宅。バリアフリー構造などの一定の基準を満たし、入居時の費用が安く、住み続ける権利が保障されているのが特長。様々なコンセプトの物件があり、選択肢が豊富な一方で選択の難しさも。

もっと詳しく調べる

軽費老人ホーム(ケアハウス)


あくまでも自立生活可能な方が対象であるため、介護が必要になった場合には退去しなければならない施設もあります。しかし、中には「特定施設」の指定を受けている「介護型」ケアハウスも。費用が、入所者の経済状況によって異なってくるのが特長です。

その他 高齢者向け住宅


高齢者を主なターゲットとして運営される集合住宅。そのコンセプトや、介護に対する対応度は様々で、中には介護が必要な方に特化した物件も。比較的安い費用で利用できる一方で、運営者の情報やその評判などを事前に確認する事が必要。

ページトップへ戻る

大きな違いはココ!

施設の種類 入居一時金 介護サービスの
費用負担
介護付き
有料老人ホーム
有or無 一定額
(介護度に応じ)
住宅型
有料老人ホーム
変動額
(受けた量に応じ)
サ高住
軽費老人ホーム
(ケアハウス)
有or無 変動額
(中には一定額の
施設もあり)
その他
シニア向け住宅
変動額

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居時に必要なのは、賃料数ヶ月分の敷金程度です。

そのため、一般の賃貸住宅のように、ライフステージに合わなくなったり、提供されるサービスに不満があったりすれば住替えが容易なのが特長。

一方で、「介護付」有料老人ホームは、要介護に応じた毎月一定金額で、手厚い包括ケアを受けることが出来るのに対して、サ高住では介護は別契約になり、利用した量に応じた出来高払いとなります。

ページトップへ戻る
  • 違いがわかる!物件コンセプトの紹介
  • 希望の物件を見つけよう!人気検索カテゴリの紹介
ページトップ
暮らそっかで入居先を決めると、入居祝い金がもらえるよ!